2013年09月26日

別れ

人生ほんと何が起こるかわかりませんね・・前回の記事を書いてから
寝ようと思い、寝床に行くと、放置してある携帯に妹からの着歴が
11件もある、何か嫌な予感がしつつ連絡してみると開口一番

『おかあさん、しんじゃった・・』

9月21日、母が急性心筋梗塞で亡くなりました、享年66歳でした。
3日ほど前の夜中に一度咳が止まらなくなる発作(?)があったものの、
翌朝にはケロっとしてて、念の為に医者に行った所、心臓肥大かな?
程度の診断で、少し薬飲んで様子見ましょか、との事でした。

その後も特に症状も出ず、いつも通りの生活を送ってたのですが、
夜11時くらいに、呼吸がし辛いとの事で、妹、父と念の為に
病院に行く事になったのですが、車で向かってる最中の2〜3分の
間に心肺停止状態になってしまい、その後、救急車に引き継いで、
処置してもらいながら病院に向かうも、どうしようもない状態で、
11時52分に臨終を告げられた様です。

2時間ほど前に普通にお袋と翌日の予定の事や、晩飯は栗おこわを
作ってやるから食わずに帰って来いよ!と、いつも通りの何気ない
会話をしたばかりだったので、病院に向かった事すら知らなかった
マビ助には何もかもいきなり過ぎて、全く実感が無いままに、通夜、
告別式とアッと言う間に終わってしまいました。

それでも流石に葬式の後に冷蔵庫を空けたら鉄のボールに入った
大量の栗を見た時には、一気に込み上げてきました。

にしても、通夜、葬式終わって感じたのが、お袋の人徳の高さでした。
あんだけ口も悪く、人の傷口に塩を塗りこむのが好きな性格だったのに、
あんだけたくさんの知人、友人が来てくれて、わんわん泣いてくれたのは
結構驚きでした、『もうあの毒舌聞けんのやね・・』とかとか・・。

アレコレ手続きするために、会社には2日ほど休みを貰って、その辺の
手続きをする為にアチコチ回ってれば、気も晴れるかな?って思ったけど、
なんかボーっとしちゃって駄目ですな・・それでも残った親父や婆さん、
やんなきゃいかん事は一杯有るので、明日から切り替えて頑張る予定でっす!

posted by まび・べじコ at 21:21| 岐阜 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | かぼちゃ日記 日常編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。